内容証明書を送りたい勤務先調査相談・依頼事例

内容証明書を送りたい相手の勤務先調査相談・依頼事例

このページでは、内容証明書を送りたい相手の勤務先調査相談・依頼事例を紹介しています。実際に、どのような問い合わせ先があるのか確認されたい方は、下部のボタンから専用ページにリンクしてください。

 

同居していた親戚男性の身分を証明する内容証明書を送ろうと思っているが、その男性の職場名と住所を聞くのを忘れていた。彼の両親は離婚していて内容証明も関係ないからと断ってきたため、代理で私がやることになったのだ。今度勤める会社は身分証明となる内容証明が必要で、それが家賃の滞納がないかの証明にもなるとのこと。

 

私としては彼が自立してくれるのはうれしいから協力したい。しかし、勤務先がわからないと郵便局にあて先が書けないことに気づいた。彼の自立は、すなわち、やっと出て行ってくれる、居候からの解放なので、ここは是が非でもクリアしたい。

 

いろいろと考えた末にオンライン上で見つけた興信所に問い合わせた。スタッフや経営者は熱心にこちらの相談にのってくれた。必要であれば海外調査までやってくれるという。分かり易い料金体系でスタッフの対応も早く、調査機材や内容説明も丁寧。弁護士会の評価も高く実績もあるという。これらの要件は興信所選びで必須と人から聞いていた。自分としては彼の職場の情報を入手することが大目標。ここなら確実に早くわかるだろう。プロに調査をいらいすることにした。

 

勤務先 調査 興信所